商品分類
元気サプリメント
美容サプリメント
健 康 飲 料
ヘルシーフーズ
自 然 化 粧 品
中 国 茶
健 康 茶
[ 取扱全品一覧 ]

HOME
新着情報
ショップ概要
注文方法
通販法表記
カートの中
問い合わせ
サイトマップ

新着情報

News005
ストップザ・老化・・・
50才をすぎた頃から急に足腰が弱くなったと感じる。朝ふとんからでて立ち上がるときや、階段の登り降りをするときはいつも一苦労だ。周りの人は太りすぎだ、運動不足だ、カルシウム不足だという。確かにそういわれてみればみな当たっている。自分自身もこれは深刻な問題だと思っている。一年ほど前から近くのジムに通ってみた。最初は殆ど毎日のように通ったが、ランニングマシーンなどの運動器具でひたすらトレーニングをするのはどうも向いていない。若い人たちに混じってステップダンスやヨガをしてはみたが2〜3回ほどで飽きてしまった。
そんな私は今唯一グルコサミンのサプリメントを摂取している。若者ではないので普通の人の1.5倍量を毎日飲んでいる。何か積極的な対策を講じないとますますダメになってしまうと恐れているからだ。今後は出来ればウォーキング程度の軽い運動を続けてみたいと思っている。(スタッフB)
News004
とっさのダッシュで転倒・・・
先日、駅の階段を駆け下りるときに最後の着地に失敗して、前のめりに突進した挙げ句、地べたにへばりついてしまった。何とも無様な格好のまましばらく動けなかった。日頃の運動不足が原因なのだが、ひざの部分が明らかに弱っていると感じた。同時にカラダが思っているほど若くなく、またコントロールのきかないことに驚かされた。
足腰のスムーズな動きは年齢と共に失われる。特に時間の余裕がないときのダッシュは要注意で、関節に大きな負担がかかり思わぬ転倒事故に発展することがある。それ以来、自己防衛のためグルコサミン、コンドロイチンのマルチサプリメントは欠かさず摂るようにしている。(スタッフA)
News003
マラソン人気が到来か・・・

マラソン人気がきてるようだ。ジョギング用の靴やウエアなどのグッズがよく売れているとか、若い人たちの間では仕事のあとや休日にランニングをする人が増えているとか。また、一般参加が可能な最近のマラソン大会はどこも定員をはるかに超える参加希望者があるらしい。
「走る」ことは健康に良いことが検証されている。これは50才以上の中高年の話題ではあるが、昨年米国で発表されたデータによると、日常的にジョギングをしている人は運動の習慣がない人に比べ、約20年後の死亡率が半分以下で、しかもより健康的な生活を送れるとしている。
スポーツジムでもここのところランニングマシーンはいつも満杯状態らしい。夜の8〜9時頃でもしばらく待たないと利用できないことが多くなったと聞いている。

News002
口臭の原因は口内細菌・・・

口臭は本人はあまり気づかないもので、周りにいる人から指摘されてハッとする場合が多い。又、実際には殆ど口臭がないのに、自分は口臭がひどいと思っている人も案外多い。いずれにしてもエチケットとして口臭は大いに気になることである。
香辛料の強い料理を食べた後や酒の匂い、タバコ臭は別として、その他の口臭の約90%は口の中の細菌が原因であると指摘されている。虫歯菌や歯周病菌が多いと、口の中にメチルカプタンや硫化水素などのニオイ物質(硫黄化合物)が発生して口臭を悪化させるらしい。口臭を絶つためにはこれらの菌が発生、繁殖しないように口の中をクリーンに保つことが大切とされている。

オフィスなどのビジネス現場で、ギリシャのマスティック樹液配合ガムや、植物エキスからできたエチケットキャンディが人気です。

News001
脳の老化予防にはカラダの運動がいい・・・
なかなか思い出せない、忘れっぽくなったなど中高年になると脳の老化が気になります。こうした老化を避けるためには脳をよく使うようにすればよいといわれています。しかしながら、米国での最新リサーチによると、「カラダをよく動かすようなエクササイズ(運動)をすることで大脳を守ることが出来る」と発表しています。
大脳が老化すると情報伝達がスローになり、複雑なことを理解するのに時間がかかるようになります。こうした現象を改善するため、クロスワードやナンバープレイス、読書などを行って脳の活性化をはかろうとする方が多くいます。しかしながらこの発表によると、1週間に3時間(1日約30分)程度の早いペースのウォーキングやエアロビクス運動を行うことで大脳の働きを高めることが出来るとしています。
頭は使わないと呆けてしまうという考えに異論はありませんが、意外にもカラダを動かすことが脳の老化予防にはいいようです。